どんなデザインや形があるの?

一口にローソファーと言っても、種類がたくさんあってどれを選ぼうか悩んでしまいます。お子様も安心して座れるフロアローソファーや、ローテーブルと組み合わせて使えるミディアムタイプなどがありますが、ここではお家のタイプや用途に合わせて、種類別におすすめのデザインをご紹介していきます。

置き方自由自在!連結タイプのコーナー型ローソファー

ローソファーとは座面が低いソファーのことで、通常のものから座面が突き出たカウチタイプ、さらに座面が低いフロアソファーなど多様なバリエーションがあります。中でも人気が出てきているのが連結タイプのコー…

背もたれバッチリなハイバックローソファー

自宅でゆったりしたいなら、リビングにソファーを置きましょう。家事や仕事で疲れた体を癒やせますので、リフレッシュすることができます。さまざまな種類のソファーが販売されていますが、ハイバックローソファ…

こたつにも対応!フロアローソファー

ローソファーとは足がなく座席が低いソファーのことで、シンプルな長方形のシルエットで部屋のインテリアに馴染みやすい優れたデザインのソファーです。元々畳や座布団など床に直接座る事の多かった日本人には馴…

コーディネートの時に考えるべき3つのポイント

ソファーはお家の中でも比較的大きい家具なので、どのようにコーディネートやレイアウトをすればいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。ここではローソファーを置く時に重要なインテリアコーディネートの3つのポイントををご紹介します。今のお部屋の雰囲気に合うものを探してみても良いですし、せっかく新しい家具を増やすならガラッと雰囲気を変えてみるのもいいかもしれません。

他の家具や壁紙、床材とのバランスを考えてローソファーの素材を考える

ローソファーは一般的なソファーと比べて背丈が低く、外観は座いすに似ているのが特徴です。用途としてはソファーと同様に腰かけてリラックスする生活家具として扱われますが、軽量で持ち運びが容易なことから座…

生活スタイルに合わせて配置を考える

リビングとダイニングの空間を分けて、それぞれの場所を独立させたいときは、ダイニングテーブルを背にローソファーを配置するセパレートレイアウトという方法があります。セパレートレイアウトのメリットは、リ…

せっかくのローソファー!広い視野が確保できるレイアウトが大切

文字通りローソファーとは低いソファーのことであり、通常タイプと比べると圧迫感を受けにくいのが大きな特徴となっています。その特性を活かすためのポイントのひとつが、低めのインテリアでまとめることです。…

インテリアのマストアイテム!ローソファーの魅力に迫る!

ローソファーは、通常のソファーと比べてゆっくりと休みたい時には不向きですが、手入れや移動がしやすく、部屋の中のインテリアとして活用できます。

© Copyright Low Sofa Points. All Rights Reserved.